RSS | ATOM | SEARCH
今日一枚58"Aimez-vous le Jazz28(rare recording of twenties)"ルイアームストロング
1435925024767.jpg
はい、このシリーズ物も3つめになります。実は前回(No.25)と今回(No.28)の間にはNo.26があるのですが、それは次回に。なんでかって言うと、年代順に並べるとNo.26が一番後になります。んで。

で、

ニューヨークで一旗挙げたサッチはシカゴに帰って嫁はんと共に自信のバンド、
"Louis Armstrong and His Hot Five"を結成します。それが1925年やさかいに、この盤のレコーディングと全く同じ時期やね。今回もそれとは別の彼の仕事で、編成は、ヴォーカル(例のごとくブルース女性シンガー)、ピアノ、サッチモのコルネットってのが基本。数曲だけこれにバンドが加わったりはしますけども。

このシリーズ初回(No.23)みたいなノリやね。ゆったりしたブルースにピアノだけのバッキング、その上に各ヴォーカリストとサッチががっぷり絡みます。B面後半から、少しメンバー増えますけども。

でも全編通じて、絶妙な絡みを堪能できます。No.23の時より、サッチの比重も上がってる気がするんですな。勿論ヴォーカリストとか、同じブルースでも曲調の違いとかもあるやろけど、ホンマに素朴やったNo.23の時から、随分華やかになっとるんですわ。フレーズとか音色とかね。

個人的に夏の蒸し暑い日にとても良く合う一枚やと思います。良い意味気だるく田舎臭ぁ〜〜いんやけども、ホンマに耳馴染みがよろしいよ。

まだクーラーかけるかかけないかのギリギリのこの時期にお薦めッ!のんびり行きましょッ!
author:outa-coffee, category:今日の一枚, 20:38
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:38
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://coffee-senmon.jugem.jp/trackback/263